造成作業のやり方|通販サイトの商品で作れるガーデニングインテリア!

造成作業のやり方

芝生

ゴルフをする時に欠かせないものといえば、芝生が挙げられます。凹凸になっている地表に芝生を生やすことで均等にする効果があります。また、芝刈り機を使って一気に刈り取れたり、青々とした芝がすっきりとした空間に見せてくれるというメリットもあります。このような、芝生を自宅に造成させる人が多くなっていますが、このやり方にはポイントがあります。

まず、造成させるためには芝生の種を、整えた土に蒔いていく方法があります。他の造成方法よりも安くできるメリットがありますが、芝生が生えてくるまで時間がかかります。また、蒔いた種が大雨によって流れる場合もあるため、雨風が少ない地域で行なうのが向いている方法と言えます。苗芝と呼ばれる方法は、短めに切った芝生の苗を、床土に植えていく方法です。少しコストがかかりますが、確実に造成することができます。そして、芝張りは事前に作って置いた芝生を、そのまま土に貼り付けていく方法になります。短い期間で造成ができるため、一般的な方法として知られていますが、業者に施工してもらう必要があります。また、芝張りの場合、エアレーションという作業を早めに行なう必要があります。土に穴を開けて、通気性をアップさせます。これを行なうことで芝生の見た目が落ちてしまいますが、後にきれいな芝を育てるために欠かせない作業になっているのです。芝生の造成方法は、以上の3つのやり方が挙げられますが、芝の張り方なども知っておくと良いでしょう。